構造見学会 第2弾は、3月8、9日です!!


R0015701

3/8,9の10-16時に、形原双太山東の
蒲郡市蒲郡羽栗池東土地区画整理事業 地内にて、
構造見学会を行います。

「完成披露見学会」に比べ、「構造見学会」は
やはり地味な響きです。
しかし、その地味なところに大切なものは
隠れています。

完成してから見る事の出来ない、容易に取り替える事の出来ない構造・断熱部分が
家づくりにおいて大切な部分だと私たちは考えます。
また、そこに自信があるからこそ、直に見て触れていただきたく、見学会を行います。

今回のお宅も、まだ壁を張る前の羊毛壁断熱や、柱の木材、床の下地、外壁の防水状況等、
完成見学会では見る事の出来ない場所をしっかりご覧いただけます。

現地の場所は、当社のすぐ近く。
詳細な地図は、コチラから<形原双太山東>。

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

スタッフ一同


木材利用ポイント 申請期間延長!!


昨年7月より申請が始まった「木材利用ポイント」。
一定の条件を満たした、木造住宅を新築・増築する場合、内外装の木質化工事を行った場合、
木材製品・木質ペレットストーブ・薪ストーブを購入した場合にポイントが支給される制度です。
(詳しくは、弊社Staff Blog 2013.6.27と2013.12.18を参照ください)

12月の記事で、着工期間が延長されますとお知らせしましたが、やはり申請期間も延長に
なりました。
申請最終締め切りは、平成27年1月31日です。

ただし、外装木質化の新規外壁材を使用した場合の申請は、平成26年7月31日までと
なります。(KDLでは、取り扱っていません)

また、木材利用ポイントの発行額が予算額に達した場合には、申請期限が終了する前であっても木材利用ポイントの発行を終了することになります。なお、予算額を超えると予想される場合は、混乱をきたさないよう事前に周知を行うそうです。

申請は、竣工後(建物が出来てから)になりますので、着工する時点でいつくらいに申請できそうかの目安がつくと思います。
締切間際の申請になりそうな場合は、こまめに情報収集した方が良さそうですね。

参照:木材利用ポイントHP

nari


花粉飛んでます?


055693

いよいよ本格的に花粉シーズン到来です。
今日は幸い雨が降っているため、
あまり飛散量は多くないようですが、
TVにも新聞にも花粉情報が載る季節となりました。

それに加え、今年もPM2.5の影響があるとか・・・
今朝のニュースでは、三重県や福島県など、
太平洋側でも観測されたと報道されていました。
風向きもあるのでしょうが、本州の太平洋側でも観測されたことに驚きました。

今年は花粉&PM2.5に要注意です・・・

外での対策は、“眼鏡・マスク・ホコリのつきにくい恰好をする”でしょうか?
表面がざらざらしている服より、当然ツルツルして摩擦の少なそうな服の方が
花粉やほこりが付きにくいですよね。

そして、家の中へ持ち込まない!が鉄則ですね。
玄関入る前に、さっと服を払う、窓を開ける換気を最小限にする、洗濯物を部屋干しにするor
取り込む前にさっと払う等々、すぐに出来る対策は色々とありそうです。

また、花粉症状を唯一根本から治す治療法として最近注目なのが「舌下免疫療法」ですが、
残念なことに花粉シーズンは治療出来ず、更にその効果が表れるまでには2~3年かかる
そうです。
当面は、自己防衛・早めの対策しか無さそうですね・・・。

nari


いらかの家 施工中


現在、形原双太山東の分譲地にて、地域型住宅ブランド化事業「いらかの家 愛知の住まい」に
採択された2棟を施工中です。

「いらかの家」というだけあって、瓦に特徴があります。

まず、使用するのは三州瓦限定。
三州瓦とは、1700年頃から旧三河国で作られている瓦のことで、
その産業の中心は高浜市、碧南市、半田市。
地の利もあり、今でも出荷額の半分以上をこの三州瓦が占めているそうです。

そして、使われる家毎に「三州瓦であることの認定書」が発行されています。
これには、施主、住所、使用瓦名、瓦メーカー、配合粘土会社、釉薬会社が書かれており、
この認定書により、確実に三州瓦であり、どのような組み合わせで作られた瓦なのかが
遡って確認できるようになっています。

現在は2棟とも屋根に立派な三州瓦が付いています。
三州瓦は、弊社が標準仕様で使用しているもので、社内に見本も置いてあります。
ご興味のある方はぜひお越しください。

参照:瓦WEB 愛知県陶器瓦工業組合

nari
R0015613R0015181


2月の金利 発表(フラット35)


まだまだ厳しい寒さの2月。今年は明日2/4が立春で、暦の上では「寒の明け」ですが、
本格的な春の訪れはまだまだ先のようですね。

さて、2月のフラット35金利が発表されました。ご参考下さい。
—————
■ フラット35 実行金利は以下のとおり ■
返済期間        取扱金融機関が供する最も多い金利
20年以下        1.53%(先月比 0.01%↑)
21年以上        1.79%(先月比 0.01%↓)

◆ 『フラット35S(金利Aプラン)』の場合 ◆
取扱金融機関が供する最も多い金利
返済期間     当初10年間   11年目以降
20年以下     1.23%    1.53%
21年以上     1.49%    1.79%

※ お客様に適用となる金利は、資金をお受け取りになる月に各金融機関が提示している
金利となります。
(住宅金融支援機構より)
—————

KDL住宅は、『フラット35S(金利Aプラン)』の基準を満たす、
“認定低炭素住宅”・“長期優良住宅”に対応可能です。

nari