2019年10月1日から消費税が10%に増税されることになりました。

住まいづくりにおいては8%増税時と同様に、今回も経過措置が取られます。

経過措置とはどんなものなのか、影響はどれくらいあるのか。詳しくお伝えします。


title2

title2

2019年10月1日以降の引渡しの場合、一般的には消費税は10%になります。
しかし、それより半年前の2019年3月31日(指定日の前日)までに建築請負契約を結べば、引渡しが2019年10月1日以降になっても、消費税8%が適応されます。

特に注文住宅においては、一般的に契約を結んでから完成・引き渡しまで4~6ヶ月くらい掛かります。
増税を気にすることなく、安心して納得いく家を作るために設けられた経過措置です。

※ただし、"2019年4月1日以降"の契約内容変更事項につきましては、10%の消費税が掛かりますのでご注意ください。

また、消費税8%で購入した場合は、「すまい給付金」も8%時の金額が支給されます。


title2

消費税が8%の場合と10%の場合で、どう変わるのか比較してみましょう

項目 想定条件 消費税8% 消費税10% 増額
建物総額 建物価格2,500万円の場合 2,500万円*1.08
 =2,700万円
2,500万円*1.10
 =2,750万円
50万円up
住宅ローン ・建物価格2,500万円
・自己資金300万円
・35年返済
・フラット35
・金利1.34%(2017年12月実行金利)の場合
2,400万円(税込)借入
で総返済額が
約3,008万円
2,450万円(税込)借入
で総返済額が
約3,071万円
約63万円up
家電家具等 ・家電・家具・インテリア
引っ越しなど
の費用が200万円の場合
200万円*1.08
=216万円
200万円*1.10
=220万円
4万円up


==消費税のかかるもの/かからないもの==

●消費税のかかるもの

建物本体価格、オプション費用(空調・外構工事・カーテン等)、家具・家電、仲介手数料、融資手数料、登記手数料、司法書士への報酬、引っ越し費用等

●消費税のかからないもの

土地、印紙(印紙税)、各種保険料(団体信用生命保険、火災保険、地震保険等)、ローン保証料、個人が売主の中古住宅等


消費税が2%上がると、なんと総額100万円以上の支出増になります。


家づくりを考え始めてから契約するまでも、土地を探したり、建築業者を確定したり、ある程度の間取りを決めたりと、実際には結構時間がかかります。
また、増税直前には「駆け込み需要」や「材料費や人件費の高騰」が予想されます。

あなたが消費税が上がる前に家づくりを…と考えるなら、「まだ先のことだから」とは思わずに
今から動き始めましょう。
KDLは土地探し・住まいづくりからあなたと家族の家づくりをサポートいたします。