ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ってなあに?


ZEHとは、ZERO Energy House(ゼロ・エネルギー・ハウス)の頭文字を取ったもので、
文字の通り消費エネルギーがゼロ以下の住宅の事を指します。
ゼロエネ住宅という言い方をする場合もあります。



ZEHの特徴は全部で3つです。

・断熱性を高めた家
・省エネ性の高い設備や照明を使う家
・電力を創る家(太陽光発電等)
高断熱+省エネ+創エネ

断熱性を高めた家で省エネ設備を使い、そのエネルギーよりも多くのエネルギーを創る(=発電する)ことで、実質のエネルギー消費量をゼロ以下にします。

政府は、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHを目指す」という目標を掲げており、 目標を達成するための支援(補助金等)も行われています。
ZEHに関する補助金についてはこちら 高額補助金について29年度も継続されます。

ZEHを建てるなら、是非「長期優良住宅や低炭素住宅の認定」も採ることをお勧めします。
ZEHはランニングコストを抑えた良い家ですが、住宅ローンの金利優遇や各種税金の軽減優遇は受けられません。
これらの優遇を受けるには、長期優良住宅や低炭素住宅の認定を採ることが必要です。
認定料など若干の費用は掛かりますが、優遇はその何倍にもなって還ってきます。
ZEHでしたら、これらの認定を採るのは難しくありません!ぜひご一考を。


KDLのゼロエネ住宅

KDLがつくるのは、温暖で日照時間の長い地元蒲郡の気候を生かして作るZEHです。しっかりと断熱をしたうえで、設備に頼り過ぎず、自然の恵みを上手に生かす家づくりを進めています。
下記から、KDLの家づくりへの姿勢、使用材料等がご確認いただけます。

新築ECO住宅 ECO設備 省エネ 創エネ・蓄エネ

KDL ZEH目標
株式会社ケイディーエルは、2020年までのZEH普及目標を以下の通りとします。


この普及目標達成のために・・・
【1】 ZEHの周知・普及に向けた具体策
構造見学会・完成見学会にてご来場者様への周知、及び広告や自社HPなどの広告媒体を通じて宣伝活動を行い、自社が行うZEH仕様を広く公表します。
【2】 ZEHのコストダウンに向けた具体策
設計時に間取り等を工夫し、断熱仕様やサッシ、太陽光発電システムとのバランスを考え、エネルギー消費量削減やコストダウンに努めます。
協力業者の協力を頂き、一邸にかかるコストダウンを図ります。
【3】 その他
自然エネルギーを生かす間取り(通風利用・昼光利用や暖房期の積極的な日射熱取得)などを利用することを念頭に、設計を行います。