太陽光発電システム

太陽光発電システム

光熱費をとことん減らしたい。停電時も使える。

太陽光発電は、発電時に温暖化の主な原因と考えられているCO2を出しません。 つまり、わが家に太陽光発電を設置すれば、普通に暮らすだけで、CO2排出量や原油消費量を大幅に減らすことができ、 地球環境の保護につながります。

昼間の電気が太陽光でまかなえておトク。

昼間は、太陽光で創った電気でテレビやエアコンなどの家電を使い、電力会社の電気をあまり買わなくて済みます。

使わず余った電気は電力会社に売れておトク。

使った電気の量より、太陽光発電で創った電気の量のほうが多かったら、その余った電気は自動的に電力会社に買い取ってもらえおトク。これを「売電」といいます。
しかも、今なら固定額での買取なので、今後10~20年に渡って一定の収入になります。
(固定買取期間は、全量買取→20年間、余剰買取→10年間です)
参考までに、今後の売電価格は【全量買取】29年度:21円、【余剰買取】29年度:28円、
30年度:26円、31年度:24円と発表されました。(全量買取は30年度以降未発表です)

愛知県は年間の日照時間が長く、太陽光発電に適した土地柄ということもあり、その導入件数は全国トップです。(※H26年度 JPEA太陽光発電協会資料より)
年々上がる電気料金。しかも、賃貸から一戸建てになって部屋数が増えれば、それだけ電気代も上がります。
太陽の恵みを上手に生かさないのはもったいない!
新築を期に、太陽光発電システムの導入も検討してみませんか?もちろんリフォームにも対応しています。

ひとくちに太陽光発電と言っても、機器メーカーや設置業者によって金額も商品も様々。設置後の発電量やメンテナンスにも大きな差が生じます。
KDLではお客様にとって最善の組み合わせをご提案します。まずはご相談ください。

自治体が太陽光発電を応援。システム設置の際には補助金が利用できます。

自治体ごとの補助金を調べる→http://sumai.panasonic.jp/solar/subsidy_info.html
※国の補助金は終了しています。
蒲郡市は29年度は補助金あります。(件数や金額に上限あり)
幸田町は29年度より補助金対象から外れました。


蓄電池

Lithium-ion rechargeable battery

蓄電池を使うと、安い深夜時間に電気を貯めて、昼間はなるべく電気を買わずに貯めた電気を使います。また急な停電に備えることもできます。
太陽光発電と合わせて使うと更におトクです!晴れた昼間は蓄電し、夜間や雨の日には貯めた電力を使います。

太陽光発電システムで発電した電気の“売電価格”は年々下降傾向です。
今後は売電ではなく、自家発電&自家消費という時代が来るのかもしれませんね。

自治体が蓄電池を応援。設置の時には補助金が利用できます。

蒲郡市の場合・・・https://www.city.gamagori.lg.jp/unit/kankyo/28ondanhojo.html

他の市町村の場合・・・https://www.kankyo-business.jp/subsidy/solar/state.php?state=aichi
29年度は、蒲郡市/幸田町とも補助金があります。(件数や金額に上限あり)


平成30年度には、蓄電池購入・設置に国からも補助金が出る見通しです!

太陽光発電の固定買取制度(通称FIT)が始まって10年。初期に買取契約を結んだ家庭では、余剰電力の固定価格買取が無くなります。
FIT契約終了後の買取価格は、現状一番安い深夜電力の買電価格よりも下がる可能性が出てきています。
つまり、売電しても全然得にならない!だったら、自家消費すれば良い!んです。
電気は作ってすぐに使わないとムダになってしまいます。そこで必要なのが、蓄電池。
蓄電池を上手に使って、できるだけ電力会社からの買電を減らしましょう!

蓄電池の補助制度は、短期間(2年間程度)となる見通しです。
本決まりになりましたら、改めてご連絡いたします。蓄電池ご購入をお考えなら、お気軽にKDLへご相談下さい。