強い家 耐震等級2以上

近年、日本では大きな地震があちこちで起きています。この地方でも必ずくると言われる巨大地震から、自分の命・家族の命を守るため、強い家でなくてはなりません。

地盤補強

基礎だけでは対応しきれない軟弱地盤では、地盤補強を行い、元々の地盤を強くするか、あるいは強い地盤まで杭を打つなどの地盤補強が必要となってきます。強い家は、まず強い地盤から。

建物を支える基礎

基礎は建物を支え、地盤に定着させる大事な役目。
地震大国日本で命を守る、財産を守るために、安全な建物でなくてはなりません。家を支える基礎は、ベタ基礎を採用し、建物の荷重をしっかりと受け止めます。

壁の配置バランス

建物には常に荷重がかかっています。特に地震や台風の時には鉛直過重(上から下にかかる重さ)に加え、水平荷重も加わります。そうした荷重に対しても建物の安全を確保するため木造軸組工法で構造計算を行い、壁(耐力壁)をバランスよく配置し、建物の変形、ねじれを防ぎます。

骨組みに使用される木材

木材に含まれる水分量の割合を含水率といい、この含水率が小さいほど強度が増します。


 長寿な家 劣化等級3 維持管理3

日本には美しい四季があり、梅雨もあります。そんな日本だからこそ、家においても工夫が必要になります。
それは電気を使わず快適な暮らしをする、古くからの知恵でもあります。構造が丈夫だから長持ちする、耐久性のよい仕上げ材だから長持ちする…。本当にそうでしょうか?
雨漏りにより躯体が腐ってしまっては長寿な家は実現しません。湿気をためこんでしまうと結露がおき、家が病んでしまいます。これらの問題をどう対策していくかが長寿な家をつくるためのポイントです。そして本当に長持ちする家でそこに住む人とともに経年変化を楽しめるような家づくりを目指しています。

換気・通気

壁の内部には通気、基礎には基礎パッキンを設け、家全体で呼吸し、湿気がこもるのを防ぎます。

防腐・防蟻

土台及び柱などの軸組(地面から高さ1メートル)の部分に薬剤処理を行います。

維持管理

構造躯体に影響を及ぼさずに給排水管の維持管理が行えるよう、管上にコンクリートを打設しません。配水管の掃除のため掃栓口を設けます。配管点検口を設置します。床下、天井点検口を設置します。


きれいな空気の家 省エネ等級4

 

シックハウス症候群・ハウスダスト・喘息など、家が原因でおこる病気は様々です。
高気密は省エネに欠かせませんが、それだけでは家が病んでしまいます。
換気をよくした上で、健康に配慮した材料をセレクトすることで、夏は涼しく冬は暖かい、健康的な住まいを実現できます。
エアコンを使うほどでもない暑い日に、安心して窓が開けられたら…
そう思いませんか?換気しやすい窓をうまく設置するだけで効果的に自然の風を取り入れ、人工的な快適では得ることのできない本当の心地よさを体感できます。
きれいな空気が通り抜けるKDLの家は、なんだかほっとする。そんな家づくりを目指しています。