夏は涼しくて冬は暖かい家づくり

今は高断熱の家を過ごしやすい家として、様々なハウスメーカーや工務店が推奨しています。
もちろんKDLも推奨しています。

なぜなら…

・家の中の温度がどこにいても一定です
→熱中症やヒートショックを予防します
・冷暖房の効きが良くなります
→電気代がダウンしたり、機器の買い替えが減らせたりします
・結露・内部結露を防ぎます
→カビの発生を抑え、人や家の躯体の健康を守ります

高断熱な家には、質の良い断熱材・サッシが欠かせません。
壁の中、床下や天井に入れる断熱材、窓サッシがそれに当たります。


サーモウール

壁断熱・天井断熱に使われるサーモウールは、羊の毛を立体的に編み込んだ、自然素材の断熱材です。

湿度を一定に保とうとする羊毛の性質を生かし、一年中快適な湿度に保ちます。
また、生活臭、ホルムアルデヒドや音を吸収する性質もあるため、家の中が静かでクリーンな環境になります。

KDLがおすすめするサーモウールは、長期優良住宅にも適合した質の良い断熱材です。


グラスウール

壁断熱・天井断熱に使われるグラスウールは、ガラスを細かい繊維状にして綿状にした、繊維系断熱材です。

比較的安価でありながら、優れた断熱性を持っています。

ガラスが原料なので、燃えにくく、白アリの食害に合いにくい性質を持っているため、断熱性能も長持ちします。

KDLがおすすめするグラスウールは、断熱等性能等級4(最高レベル)に対応する、防湿気密性の高いものです。


窓・サッシ

家の中で一番熱を通しやすいところは窓です。夏の暑さは約7割が窓から入り、冬の暖かさは約6割が窓から出ていきます。

熱の出入りを少しでも減らせれば、冷暖房効率のよい快適な空間になり、光熱費も抑えられます。
だからこそ、KDLはLow-E&ペアガラスで、断熱性能の良い窓をおすすめしています。